【レビュー】マイクロソフトのエルゴノミクスキーボードを2年使って分かったこと。テレワークの効率もアップするよ!

腱鞘炎になりかけの人腱鞘炎になりかけの人

毎日長時間キーボードを使っているから腱鞘炎になりそう・・・。なにかいいキーボードはない?

遊之介遊之介

それでは、私も現在使っているおススメのキーボードを紹介しますね!

この記事の内容
  • マイクロソフト ワイヤレスキーボード(5KV-00006)の紹介
  • 2年間使ってみた上でのメリット、デメリット

私も以前は純正のキーボードを使っていましたが、段々と手首、腕、肩が痛くなっていきました。

それでも純正キーボードをだましだまし使っていましたが、とうとうガマンできなくなって、今回紹介するキーボードを購入しました。

使用して2年経ちますが、体への負担は格段に減りました。

使い心地が良いため同じものを会社でも使っています

それくらい個人的には気に入っています。

もちろん、メリットばかりではなく、デメリットもありますので、そちらもキチンとお伝えします

日々のパソコン作業やテレワークでの参考になれば幸いです。

キーボードの紹介

簡単なスペック&操作方法
メーカー:マイクロソフト
対応OS:Windows
付属品:USBレシーバー、単四電池×2、パームリフト  
使い方:USBレシーバーをPCのUSBの差し込み口に差し込む
(何かしらのドライバーをインストールとかしなくてもOK)
補足:会社のPCでも問題なく使用できました。

キーボード本体

Sculpt Ergonomic Desktop は、先進のエルゴノミクス理論に基づいて作られています。

分割キーボード レイアウトは手首と前腕を無理のない位置に保ち、クッション付きのパーム レストで手首を保護します。

ドーム型のキーボードは、疲れや痛みの原因となる手首の動きを減らし、快適に保ちます。

Amazon製品概要より

独特な形です。(人によってはキーのタイプに慣れるまでほんの少しガマンが必要かもしれません

テンキーが分離していますので、テンキーが必要なければキーボードのみの使用でも問題ありません。

(私の場合、テンキーの「Enterキー」「Backspaceキー」「上下左右キー」を活用して手の移動をなるべく少なくしています)

純正キーボードとの大きさの比較

横幅はテンキー付きの純正キーボートと同じですが、手首を置くパームレストが大きいため、普通のキーボードよりも存在感があります

ただ、このパームレストは手首にはとても良いクッションです。

キーボード裏面

電池のフタはマグネット式で簡単に外れます。

購入時は電池の上の穴にレシーバーが差し込まれています。

このレシーバーをPCのUSBポートに差し込めば、キーボードとテンキーが使えるようになります。

タイピングポジション

キーボードの自然な曲線レイアウトは指先のカーブに沿い、自然にタイピングできます。

Amazon製品概要より

実際にエルゴノミクスキーボードと、純正キーボードのタイピングポジションを見てみましょう。

純正キーボード

いたって普通です。可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

エルゴノミクスキーボード

エルゴノミクスキーボードは形状のせいか、自然に腕が「ハの字」になりますし、手首もパームレストの上にすべて乗っています。

比較してみると、純正キーボードは少し窮屈そうですね。

パームリフト

パーム リフトを使うと、キーボードを適切な角度に調整し、手首をまっすぐに自然な位置に保ちます。

Amazon製品概要より

このパーツ(パームリフト)をキーボードの裏に取り付ければ、より手首がまっすぐになります。

ただ、使用感はかなり好みが分かれると思います。

(私自身、最近使い始めましたのが、最初は違和感がすごいです。ただ、慣れると手首がまっすぐになり、結果手首への負荷が減ります。

コチラが装着後です。

パームリフトなし

パームリフトあり

写真では分かりにくいですが、体感では手首にかなりの違いがあります。

メリット・デメリット

腱鞘炎になりかけの人腱鞘炎になりかけの人

結局2年使って、良いところと悪いところが色々出てきたんでしょ?

遊之介遊之介

はい、包み隠さずお伝えしますね!

【デメリット】
  • キーボードに慣れるのに時間がかかる。
  • エンターキーの隣に(でかい)デリートキーがある
  • ファンクションキー(上のFキーの事)の打感が全体的に固め
【メリット】
  • タイピングポジション、パームレストのおかげで体への負担が劇的に軽くなった。
  • 打感は浅めなので、タイプの力が少なくてすむ
  • 長時間のタイピングでも疲れにくい。
  • タイプ音がしずか
  • テンキーが分かれている

まとめ:クセが強いキーボードだが、ハマれば最高!

私自身、最初はタイピングのやりずらさが気になってましたが、キー操作は次第に慣れていきます。

慣れてしまえば、タイピングのやりずらさは特に感じません。

そして現在ではタイピングのラクさと手首のラクさで、手放せなくなりまり、会社でも同じもの使っています。

もし、手首や肩の痛みでお悩みの方は、このキーボードで痛みが少しはよくなるかもしれませんよ。

ご参考になれば幸いです。