ITエンジニア未経験者がRPAの開発能力を上げていく方法

こんにちは 遊之介です

公務員(消防士)から転職して5か月を超えました。

転職して間もない頃は、スキルなし、IT実務経験なし、

もちろんRPAの実務経験もありませんでした。

感心する人感心する人

そんな実力でよく採用されたよな

そんな私でも、もがき苦しみながら、これまで何とかやってこれました。

今回の記事は「WinActor初心者の開発能力を上げていく方法」を自分自身の経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

開発能力を上げていく方法1:触りながら覚える

  •  勉強  ×
  •  体で覚える  〇

教科書やテキストは必要になった時に開きましょう。

それよりも、とにかく触る機会を増やしましょう。

触りながら覚える ~経験談~

社内にRPAを使える人が一人もいなかったため、基本操作も分からない状態からのスタートでした。

社内の共有データの中にマニュアルやチュートリアルがあったので、それを見ながら最低限必要な知識、操作方法を学びました。

しかし、大変なのはここからです

RPA化を依頼された業務は初心者にはハードルが高い内容だったからです。

最初にRPA化のためのヒアリングをして、RPAを実際に作っていきましたが、中身がかなり複雑でした。

RPA化に必要なスキルは以下の内容です。

  • ブラウザ操作
  • フォルダ操作
  • 正規表現
  • Excel操作
  • マクロ操作
  • 繰り返し/分岐
  • スクリプト操作
  • 例外処理
  • メール送信

ナニコレ?と思ったRPA初心者のそこのあなた!

大丈夫です。私も分かってませんでした。(*_*;

最初はロボを作るのも初めてなので、本当に小さなシナリオを作ってはエラー、トライ、エラー、の繰り返しでした。

特に最初の1か月は覚えることが多すぎ、分からなさすぎですが

それでも納期までに成果物を上げなければいけないので、

常に頭はフル回転、目はモニターを凝視しすぎて、終業後はいつもグッタリしてました。

今でこそ、このような内容は業務で普通にやっていますが、それは悩みながら、調べながら、手を動かして少しづつ理解していった結果でもあります。

不思議なもので、毎日触っていると、ある時から何となく分かってきだします(感覚の話ですが・・・)

開発能力を上げていく方法2:分からない事はとにかく検索

開発の仕事で分からないことを調べるのは検索です。

わからなくなった時、疑問点がある時などはWebサイトを検索するなどして、自分で調べて答えを探し出すスキルが重要です。

分からない事はとにかく検索 ~経験談~

WinActorの情報量は、UiPathに比べて少な目です。

ですのでWinActorユーザーフォーラム」というサイトに頻繁に出入りしていました。

そこはユーザー同士の知識、ノウハウを交換しているコミュニティサイトで、過去の質問とその答えも自由に見ることができます

未経験者レベルから、バリバリの実務者レベルまで、あらゆる質問の過去データがあるため、ある程度のことはユーザーフォーラムで解決できたりします。

もうひとつは「WinActorプチライブラリ」というWEBサイトです。

開発元のNTTがサンプルシナリオなどを無料で提供しています。

ただ、転職初期の頃はこのサイトの存在を知らなかったため、ノードをイチから組み合わせて作ってました。

もし初期の頃に知っていたら、だいぶラクができたのかも?って思います。

それに色々なライブラリがありますので、見るだけでも結構勉強になります。

ピッタリはまるものがあれば開発がグンとはかどると思いますよ!

開発能力を上げていく方法3:自動化対象の業務知識+依頼内容を要約する思考力

RPA開発に取りかかる際に、業務をひとつひとつの動作に細分化し、その流れをフローチャートに落とし込む作業があります。

その時に役立つのが対象業務に関する知識と、依頼内容を要約する思考力です。

対象業務の知識があれば業務の勝手も理解しやすく、それだけフローチャートを作りやすくなります。

依頼内容を要約する思考力があれば、それだけお互いの思い違いを減らすことが出来ます。

自動化対象の業務知識+依頼内容を要約する思考力 ~経験談~

そもそも、依頼された業務をRPA化するには以下の手順を踏みます。

  1. 自動化したい業務の詳細情報をヒアリング
  2. RPA化の要件を定義(最終的なゴールを決める)
  3. 要件定義をもとに、RPA開発
  4. テスト機を依頼部署へレビューし、フィードバックをもらう
  5. 作りこみ
  6. 完成
  7. 運用、保守

その中で開発前に必ず行う

「1:自動化したい業務の詳細情報をヒアリング」

「2:RPA化の要件を定義(最終的なゴールを決める)」

この時に業務知識と要約する思考力があるのとないのでは

RPA開発に取りかかれるスピードが違います。

業務知識がない場合、対象業務の説明を受けることから始まります。

要約する思考力がない場合、依頼者の思いとは違うRPAロボが出来てしまいます。

最初は当然知らない業務ばかりだったので、説明を受けることからスタートしました。

ですので、簡単でいいので早めに対象業務を知ることをおススメします。

まとめ:「手を動かす」「調べる」「コミュニケーション」

結局、大事なことは案外普通の事です。

  1. 「手を動かす」
  2. 「調べる」
  3. 「コミュニケーション」

けれど、これを地道にやっていけば、必ず初心者からは脱出できます。

やればやっただけ身になるので、地道にコツコツやっていきましょう!